太もも ふくらはぎ エステ 自宅用キャビテーション

キャビテーションとは?

キャビテーションとは、難しいといわれる部分痩せを可能にした今話題のダイエット機器です。
キャビテーションとは日本語では空洞現象と呼ばれる言葉で、 圧力差により液体の流れの中で短時間で泡が発生し消滅する物理現象のことをさします。
超音波を痩せたい部分の肌に当て、脂肪に直接働きかけることによって、 脂肪細胞膜を破壊して脂肪細胞を減らすため、太もも痩せやふくらはぎ痩せなどの 部分痩せが可能になります。

キャビテーションの特殊な超音波で脂肪を柔らかくした後に、 リンパマッサージを行うことで、脂肪はスムーズに体外へと排出されていきます。
それにより効果的に痩せる事が可能となります。

脂肪吸引のように部分痩せができることから、「メスを使わない脂肪吸引」とも呼ばれています。
脂肪吸引の場合は、傷跡が残ったり仕上がりがデコボコになることもあります。
しかしキャビテーションなら、メスを使わないため痛みがなく体への負担も小さく、 綺麗な仕上がりになります。
また、脂肪細胞を減少させるため、リバウンドの心配もありません。

注意点として、キャビテーションを行った直後は体脂肪が減るため脂肪の吸収率がアップしますので、 施術の30分前から2時間後は食事を控えるということが大切になります。

自宅用キャビテーションのメリット

キャビテーションは特殊な超音波により脂肪細胞そのものを減少させ、体外に排出しやすくしてくれます。
痛みや副作用の心配もないので、楽に脂肪を落としたい人に最適のダイエット機器です。

自宅用キャビテーションのメリットは、まずエステサロンに通う時間が必要ないということでしょう。
エステサロンで施術を受けるとなると、まず予約しなければなりません。
スケジュールが安定しない職業に就いている人や、深夜遅くに帰宅する人などは、 なかなか都合がつかず思うように通えないということもあるでしょう。
そしてエステサロンへの行き帰りを含めると、少なくとも2〜3時間程度は必要になります。
効果を実感するためには、やはり1回の施術では納得がいく結果が出ない場合も多いですから、 週に何回・月に何回と通わなければならず、だんだん通うのが億劫になってしまうケースもあります。

自宅用キャビテーションでしたら、時間やスケジュールの融通が利き、 自宅でゆっくりと自分のペースで施術できるというメリットがあります。
お風呂上がりや、テレビを観ながらでも、自由にケアできます。

また、体を他人に見られたくなかったり、触れられるのに抵抗があるという人にとって、 自分で施術できるというのは自宅用キャビテーションの嬉しいところです。

エステサロンに通っていると、経済的に継続するのが難しくなったというケースもあります。
しかし自宅用キャビテーションでしたら、 機器の購入料金だけで納得いくまで何度でも施術を行うことができるというメリットもあります。

自宅用キャビテーションのデメリット

手軽にできる自宅用キャビテーションにも、デメリットはあります。

素人でも扱えるような作りにするため、安全性は優れてはいるものの、 最大威力が弱く設定されていて、出力が弱く効果がでにくいのです。
エステサロンのキャビテーションと比べると、効果が出にくいと考えられます。

また、施術後のマッサージを自分で行わなければならず、 そこはやはりプロの手にはかなわないですから、自分で努力する必要があります。
それに、エステサロンに通う場合は予約してしまえばあとは行くだけですが、 自宅用キャビテーションの場合、毎回自分で施術しなければならないので、 疲れているときなど面倒になってしまって、どんどん使用頻度が低くなってしまうケースもあります。

なお、キャビテーションによって破壊された脂肪は肝臓に集められてから分解・排出されるため、 肝臓への負担があることを覚えておきましょう。
液状化された脂肪を肝臓で処理するために負荷がかかりますので、 施術後はお酒や高タンパク・高カロリーの食べ物などは控えるよう意識するなど、 自分自身で知識もきちんと把握し注意しながらケアしていきましょう。

太ももが痩せるストレッチの方法

太ももは、普段の生活の中ではなかなか使わない筋肉であり、 一度お肉がついてしまうと、なかなか落ちにくいものです。
何もしなければ、太くなる一方です。
ですから普段からストレッチを行って、使われていない筋肉を鍛えてあげることが大切なのです。

ストレッチを行うのは、血行が促進されている入浴後20分以内が最適とされています。
鍛えたい筋肉の場所によって、ストレッチも異なりますが、 例えば内ももを鍛えるのには、横になって行うストレッチが効果的です。
肩肘をついて横になり、下側の手で頭を支え(ちょうど寝転がってテレビを見ているような姿勢です) 膝を立てた片足で伸ばした下側の足をまたぎ、クロスさせます。
そして伸ばした下側の足をゆっくり上に持ち上げます。
足首を天井側に向けて、3秒くらいかけて持ち上げましょう。
この時、呼吸をしっかりと行ってください。
そして持ち上げた状態を3秒キープ後、足を同じように3秒くらいかけておろしますが 床スレスレの所で寸止めし3秒キープします。
これを1セット5回ほどで、3セット行います。

そして太もも全体を鍛えるトレーニングといえばスクワットでしょうか。
太ももの筋肉は大きい為、鍛えることで消費カロリーも大きく、ダイエット効果も期待できます。
足を肩幅に開いて、胸を張った状態でゆっくりと呼吸をしながら腰を落としていきます。
椅子に腰かけるようなイメージで行ってください。
ももと地面が平行になるくらいまで落としたら、息をゆっくりと吐きながら戻していきます。

また、身体を横たえた状態で両手をついて上半身を起こし、 上の足を少し持ち上げて体の前後に振る足振りストレッチも効果的です。

ふくらはぎ痩せダイエット術

美脚は、多くの女性が手に入れたいものでしょう。 パンパンになってしまいやすいふくらはぎをすらっとさせたいと考えている人は少なくないはずです。
部分痩せ難しい思っていませんか?。
簡単でなおかつ効果的に、ふくらはぎが痩せる方法があります。
簡単なストレッチですので自宅でも手軽に行うことが出来ます。

@まず、足を前後にできるだけ大きく開き、前に出した足の膝を軽く曲げて両手を添えてください。
体の重心を前にかけて、後ろ足はしっかりと伸ばし、かかとは床につけていきます。
ふくらはぎの伸びを感じたら、この状態で呼吸を行いながら5秒間キープしてください。

A次に後ろ足の膝を曲げ、重心は後ろへ移動、ふくらはぎに負荷がかかってことを感じてください。
この状態で呼吸を行いながら5秒間キープします。

Bその後、先ほどとは反対側の足も同じように行います。

これを5セットずつ朝と夜に2回繰り返して行うだけで、浮腫みもとれ、 すっきりとした足のラインを手に入れることができるようになります。

とても簡単なストレッチで、これだけでいいの?と思いがちですが、 やりすぎは逆に筋肉をつけてしまうことになります。
この程度のストレッチがベスト、毎日続けることが重要です。

筋トレと食事

筋トレをきちんと行っているにも関わらず筋肉量が増えない…。
筋トレのやり方が間違っているのか?と悩まれている方もいらっしゃるでしょう。
この場合、摂取カロリーが不足している事が原因である事がほとんどと言われています。

1日に必要な摂取カロリーが不足してしまうと、脂肪が落ちるのと同時にエネルギー不足になるため、 筋肉を分解してカロリーとして消費されてしまいます。
効率よく筋肉をつけるためには、脂肪にならない程度のカロリーを摂取する必要があるのです。

一日に必要な摂取カロリーの計算方法は・・・
体重s−(体重s×体脂肪率%) これが脂肪を除いた、徐脂肪体重です。
徐脂肪体重に40をかけると一日に必要な摂取カロリーとなります。
この必要摂取カロリーを満たせば、食べるといってもただ食べればいい訳ではありません。
筋肉を作るのに必要なタンパク質を意識して摂取してください。
筋肉を増量する事が目的なら、理想の摂取量は体重×2g前後と言われます。
しかし、1回の食事でタンパク質として吸収できる量は40gの為、 摂りすぎてしまうと脂肪として蓄積されてしまいますので、体脂肪が増える危険性があります。

そして、たんぱく質と同時に筋肉を作るのには炭水化物(糖質)も重要になります。
なぜなら、炭水化物を摂取した時に分泌されるインスリンは、 先述の筋肉に必要なタンパク質を、筋肉中に送り込む役割を担っているからです。

摂取するタイミングは、筋トレを行う30分から1時間前がベストです。
筋肉作りに必要な高タンパク・高炭水化物の食事を摂り、 その後筋トレを行うことで、筋肉が作り出されるというわけです。

満腹感を得る方法

満腹感は、脳が感じる満腹感と、お腹が感じる満腹感があります。
脳が感じる満腹感を得るために必要なものとして、「糖分」があります。
糖分は脳が必要とする栄養分ですので、ある程度の糖分は必要ものです。
ダイエット中だからと言って、糖分をカットすると脳が正常に働かなくなり、満腹感も得られません。
また、噛むことも、満腹感を得ることができます。
脳が満腹だと感じるまでに30分かかると言われており、 早食いをする人は満腹と感じる前にどんどん食べ、結局食べ過ぎたということになります。
よく噛んで、味わって、ゆっくりと食事を楽しみましょう。

さらに、味噌汁やスープなどの汁ものや、 あんかけなどトロっとした料理を食べることでも満腹感を得られます。
その水分でお腹がふくらみ、ご飯などの食べ過ぎ防止効果があります。

ダイエットに適した野菜

・食物繊維が豊富な野菜
さつまいもやごぼうなど根菜類や、春菊、アボガドなどには食物繊維が多く含まれています。
食物繊維を含む食材は便秘解消に良いと言われていますが、それだけではなく、 食べた後の満腹感が得やすい食べ物でもあります。
消化に時間がかかりますので、その分長く満腹感を得られるという訳です。
お通じがしっかりしているという事は、体内の老廃物がきちんと排出されているということです。
ダイエット効果は勿論、美肌効果にも繋がりますし、高血圧のリスクを軽減させます。

・きのこ類
きのこを好きな女性は多いのではないでしょうか。
きのこは美味しいだけではありません。
ダイエットの定番食材と言われるほど、ほとんどカロリーがなく、でも栄養素は豊富。
利尿効果のあるカリウムや美肌効果のあるビタミン類、便秘効果のある食物繊維など、 さまざまな栄養素が含まれています。
調理の幅も広く、ダイエット中でも飽きずに食べることができます。

・生姜
しょうがに含まれているジンゲロンと言う成分には身体を温めて発汗させる作用があります。
冬になると、しょうがを使った食品が多く出回りますよね。
冷え症にはもってこいの食品なのです。
また、代謝があがることで脂肪燃焼効果に繋がります。

・カリウムを含む野菜
代表的なものはほうれん草やニラ、トマトやきゅうり、枝豆、ブロッコリーなど。
カリウムには利尿作用がありますので、 塩分を過剰摂取などで体内に溜まった余分な水分を排出します。
浮腫み改善効果の高い食品です。

ダイエットにおすすめの脂肪燃焼スープ

ダイエットと言えば、空腹感との戦いと思われがちですが、食べながら痩せるメニューもあります。
短期で痩せることができるお勧めメニューは脂肪燃焼スープです。
脂肪燃焼スープは、血行や新陳代謝がアップする食材や、デトックス効果のある食材で作ったスープの事で、食事の代わりに脂肪燃焼スープを摂る事でカロリーを抑えられ、 短期間でダイエット効果を期待できます。
さらに具だくさんスープですので、満足感もある点も魅力です。

脂肪燃焼スープの具材は何を入れてもかまいませんが、 特にお勧めなのがキャベツや玉ねぎ、トマトといった野菜です。
キャベツは低カロリーで食べ応えがあり、豊富に含まれている食物繊維が腸を刺激し、 便秘を改善してくれます。
さらにキャベツは火を通す事で、抗酸化作用が5倍も高まると言われています。

玉ねぎは血液をサラサラにし、血流を改善してくれると共に、脂肪の燃焼や新陳代謝をアップする、 アリシンと、浮腫みを改善させるカリウムが多く含まれている為、ダイエットには最適の野菜です。
そしてトマトですが、トマトにも抗酸化作用に優れているリコピンが多く含まれ、 ダイエットにはもちろん、美容にもよいと言われています。

これらの野菜をコンソメで煮込み作った、脂肪燃焼スープを飲めば飲むほど、 脂肪燃焼効果を得ることができます。

ダイエットレシピのコツ

ダイエットのためのレシピで、まず考えることは使用する油の量ではないでしょうか。
油を使った調理は食品中の水分と油が交換されるため、食品中の吸油率が増えます。
食材が吸収する油の量の割合のことを給油率と言います。

揚げ物など油を多く使った料理をする場合は、水分の少ない食材を選ぶことで、 給油率が下がります。
また、食材の切り方によっても吸油率は違ってきます。
小さく切るとその分表面積が大きくなりますので、 油に触れる面積も広くなり吸油率も高くなるというわけです。
ですから、油を多く使う料理をする場合の食材は、なるべく大きく切る方が良いということです。
そして、フライパンもテフロン加工のものを使用することで、少量の油で調理することができます。

また、調理で使う油だけでなく、食品についている脂も気になるところです。
豚肉や鶏肉を使うとき、下ごしらえの段階で脂身や皮を取り除いておくことでも、 カロリーを抑えることができます。
一度下ゆですると、さらに脂をカットすることが出来ます。

ダイエットは栄養バランスの良い食事から

ダイエットをするとき、カロリーばかり気にしていると、栄養が不足してしまい、 健康に悪影響を与えてしまいます。
リバウンドの原因にもなりかねません。
健康的に痩せる為にも栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

例えば、ビタミンB群は脂肪や糖質の燃焼効果がありますので、 ダイエットする際は意識して摂取したい成分でもあります。
また、たんぱく質は筋肉を作る栄養素です。
筋肉が増えると、基礎代謝が上がり、消費カロリーがアップします。
栄養素には炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・食物繊維などなど様々なものがあり、 それぞれに体に良い効果をもたらしますので、これらを毎回の食事で偏ることなく、 適量ずつ摂ることがバランスの良い食事だと考えられます。

しかし、実際に食事をするときに、使われている食材は確認できたとしても、 栄養素まで確認することは難しいでしょう。
簡単にバランスの食事を摂る方法は、主菜、副菜がそろった食事を心掛けることです。
主食とは米やパン、麺類のことです。
炭水化物を多く含むため食べ過ぎないよう、気をつけましょう。
主菜とはメインとなる料理のことです。
魚や肉、大豆などを使ったたんぱく質を多く含むものが多いため、 使用する食材によってカロリーも違ってきます。
そして副菜は小鉢やスープ、サラダなどのサイドメニューです。

1日3食、色んな食材でさまざまな栄養素を摂取して、 基本的な食事のバランスを心掛けることができると考えられます。

食事回数を増やして痩せるダイエット

ダイエットをするとき、摂取カロリーを減らしたいがために、 朝食を抜いたり、食事回数を減らす方が多いのではないでしょうか。
実は、食事の回数を減らすよりも、むしろ増やした方がダイエットしやすいという結果があるのです。

美人女優の北川景子さんも一日の食事を多くすること実践しており、 あの素晴らしいプロポーションを保っているようです。
この時のポイントは、食事の回数を増やすだけ、一日の摂取カロリーは増やしてはいけないということです。
1500kcalの食事を、1日3回で摂取するよりも、1日に5回に分けて摂取した方が痩せられるのです。

人間は食事をすると、新陳代謝がアップするため、食事の回数を増やせば、 一日を通して新陳代謝を高く保つことができるのです。
新陳代謝が上がれば自然と無理なく、脂肪の燃焼効果もアップし、 痩せやすい状態になると言えるでしょう。

また1回の食事の量が少なくなるので、消化しやすいので体脂肪として蓄積されず、 小分けに食事をする事で、体も脳も空腹感を感じることが少なくなり、 満たされないことによるストレスを起こり難くなります。
しかも血糖値の急激な上昇を防ぎます。
血糖値が急激に上昇するとインスリンが分泌され、インスリンには脂肪をため込みやすい働きがあるため、 脂肪が体につきやすくなりますが、これを防ぐことが出来ます。

食事の回数を増やすことで脂肪が燃焼され、さらに痩せる運動をすることで筋肉もつき、 引き締まったプロポーションになるでしょう。

お腹いっぱい食べても太りにくい食材

ダイエットが辛い、過酷だと思うのは、無理をしすぎているからではないでしょうか。
一番つらいのは食事制限だと思います。
常に空腹状態の食事制限だとリバウンドする可能性もあります。
摂取カロリーは少ない、でも満腹感はある・・・これが理想的な食事制限だと思います。

ダイエット中に適している太りにくい食材というのは存在します。
選ぶポイントは、食物繊維が豊富で噛みごたえがあり、また糖質が低く高タンパクな事でしょうか。
ダイエット食品の定番ともいえるこんにゃくやしらたきは、 低カロリーで食物繊維を多く含んだ、優秀食品です。
腸に溜まった老廃物のお掃除までしてくれるのですから、便秘改善効果もあり利用しない手は無いでしょう。

お肉と言えば、高カロリーでダイエットには不向きだと思われている方も多いでしょうが、 ササミはダイエット向きの食品です。
低カロリー・高タンパク、おまけに低価格ですし調理も簡単、食べ応えも十分です。

また、昔から『畑の肉』と呼ばれている大豆製品もオススメ食品。
お肉の動物性タンパク質と酷似したアミノ酸組成をしており、 お肉を食べたい!という気持ちになった時は是非摂り入れて欲しい食品です。
また、食事に味噌汁やスープなど汁物をプラスする、水分量を多くしたりかさ増しを行うなど、 調理法やメニューを工夫する事でも満腹感を得ることが出来ます。

ポリフェノールが豊富に含まれる食材

ポリフェノールは、植物の葉や樹皮、種子、花などに含まれており、 光合成によってできる色素や苦味渋味の成分のことです。
ポリフェノールには、抗酸化作用があるとされ、 体内の細胞を傷つけてしまう活性酸素を取り除く働きをします。
この働きによって、肌荒れや美肌、美白、肌の老化防止効果が期待できます。
美容面だけの効果だけでなく、脂肪燃焼を促進する効果や疲労回復効果、 動脈硬化・脳梗塞の防止、殺菌効果、肝機能の向上など健康を維持するための効果も期待できます。
ポリフェノールの代表格でもある赤ワインを多く摂取するフランス人は、 動物性脂肪を多く摂取するにもかかわらず、心筋梗塞での死亡率が低いという研究結果があるそうです。
赤ワイン以外にもさまざまな食品に含まれている、 ポリフェノールを意識して摂取することで健康な毎日を過ごすことが出来ます。


【ポリフェノールを多く含む食品】
●コーヒー
●緑茶
●ココア
●紅茶
●ウーロン茶
●いちご
●プルーン
●りんご
●バナナ
●ブドウ
●ブルーベリー
●春菊
●れんこん
●ほうれん草
●玉ねぎ
●ししとう
●黒豆
●くるみ
●アーモンド
●パセリ
●納豆
●ミルクチョコレート

グレープフルーツがもたらす効果

グレープフルーツにはビタミンCが多く含まれているだけではなく、 ビタミンCの吸収を高めるビタミンPも含まれています。
よって、かなりの量のビタミンCを体内に取り入れることのできる食物です。
その為美肌効果はもちろん、ストレスの緩和やかぜや癌の予防にも効果があると言われています。

また、クエン酸も含まれているので、疲労回復効果も期待できます。
約90%が水分であるグレープフルーツは他の果物に比べると果糖などの糖類の量が少ないため低カロリー、 ダイエット中の方や糖尿病の方のデザートとして活躍する事も多い様です。

また、食物繊維の含有量も多く、整腸作用があり便秘でお悩みの方にもおすすめです。
更に血中のコレステロール値を下げる効果も言われていますので、 動脈硬化などの生活習慣病予防にも効果があると言えます。
香りにも効果があり、精神安定、快眠効果も期待できます。

女性に人気のアサイーとは

近年女性を中心に注目を集めているアサイーとはブラジル原産のヤシ科の植物です。
直径1〜1.2pほどの丸い果実で、見た目はブルーベリーとよく似ていますが、その成分がスゴイのです。
美肌効果抜群のポリフェノールは赤ワインの30倍、ブルーベリーの18倍です。
老化を防ぐための抗酸化作用がありますので、アンチエイジング効果が期待できます。
肌に良い成分の代表、ビタミンCはレモンの3倍、貧血予防に効果のある鉄分はレバーの3倍、 骨粗鬆症予防に効果のあるカルシウムは牛乳の2倍も含まれているほか、アントシアニンやアミノ酸、 リンなど、栄養が豊富に含まれている為、スーパーフルーツや奇跡の果実とも呼ばれています。

そんなアサイーですが、自体に脂肪燃焼や血糖値低下などの ダイエット効果をもたらす成分は含まれていません。
でも、アサイーによってダイエットに成功したという声を良く耳にします。なぜでしょうか?

その理由は、アサイーに含まれているポリフェノールの抗酸化作用と ゴボウの3倍の食物繊維によって内臓脂肪を排出してくれることにあります。
また、栄養価が高い食品を摂取することで、栄養が満たされているため、 「お腹が空く」という現象を抑えることもできるのです。
栄養の宝庫アサイー、これだけ注目されるのも納得ですね。

ダイエットに効果的な飲み物

ダイエットする際、かかすことができない水分補給。
浮腫むことが心配でダイエット中に水分を控える方もいるようですが、 体脂肪の燃焼のために水分は必要不可欠なのです。
では、どのような飲み物が良いのでしょうか?

まず「水」
一日1.5〜2リットルを目安に補給してください。
水に含まれるミネラルが体に行きわたり、新陳代謝を高め、老廃物の排出を促します。
また、ダイエットしようと考えたとき、運動をする方が多いと思いますが、 汗で水分が失われますので、意識して水分補給を行ってください。
その際、喉の渇きを感じる前に補給するようにしてください。
喉の渇きを感じた時には、既に体内では水不足を起こしています。

次に「炭酸水」
ダイエットで食事制限を行っている場合、炭酸水を飲むことで胃が膨らみ、 空腹感を押させることができ、無理なく食べ過ぎを防止することがで
きます。
炭酸水といっても甘い炭酸ジュースでは厳禁です。
カロリーがない無糖の物を選ぶようにしてください。

そして「コーヒー」
コーヒーに含まれるカフェインに、脂肪を分解し燃焼しやすくしてくれる効果と 浮腫みを解消させる利尿作用があります。
またカフェインには、血液の循環を良くする働きやリラックス効果もありますので、 ダイエット中のストレスを軽減させることが出来ます。
運動する30分前にコーヒーを飲むと、脂肪燃焼効果がさらに高まりますので、 飲んでみてはいかがでしょうか。

糖質制限ダイエットとは

糖質制限ダイエットとは、食事から糖質を極力制限することで、健康的に痩せるダイエット方法です。
糖質にさえ気を付ければ、食べる量をあまり気にしなくていいので、比較的自由度が高く挫折しにくいダイエット方法です。

基本的なルールとしては、1日3食しっかり食べますが、カロリー計算は必要ないです。
食べる量を減らす必要もなく、ただ、糖質は避けるという事なのです。
食事の後は血糖値が上昇するのはよく知られていますよね。
この、血糖値の上昇は糖質が原因なのです。
血糖値の上昇を抑える為にインスリンが分泌されますが、糖質過多の食生活を続けていると、インスリンがエネルギーとして使いきれなかった栄養分を、脂肪としてため込ませてしまいます。 ですから、糖質を取らないような食生活をすれば、脂肪が蓄積されにくくなる、というわけです。

短期間で痩せる運動メニュー

運動は健康的でリバウンドしにくいダイエット方法です。
短時間で痩せたいからといって、無理な食事制限を行っても、確かに一時的には痩せます。
しかし、リバウンドの原因にもなり、最悪な場合は元の体重以上に増える可能性もあります。
こんなことを繰り返していたら、痩せにくい体になり、また、健康にも良くありません。

ダイエットで最も重要なことが、健康にやせること。
ではダイエットのための運動とは、どのような方法で行うと最も効果的なのでしょうか。
運動といっても、いろんな運動方法がありますので悩んでしまうところです。
短期間で確実に効果を出したいのであれば、ウォーキングとジョギングを交互に繰り返して行うことです。
初めの10分はウォーキングで準備運動的に体を馴らし、次の10分は軽いジョギングで 少しずつ心拍数を高め、そしてまた10分のウォーキングを行うといったメニューです。
これであれば、運動が苦手な方でも、からだを動かすことに慣れていない人でも始めやすいですし、 体への負担も軽く、効率的にかつ確実に脂肪を燃焼させることが可能です。
場所を選ばず、どこででも出来るという手軽なダイエット方法です。

どんな運動にでも言えることですが、継続していくことが重要です。
継続させるコツは、最初から頑張りすぎないこと、慣れないうちは無理せず自分のペースで行う ことをおすすめします。
慣れれば、どんどんペースを上げ、さらなる効果を実感しましょう。

男性が短期間で痩せる方法

女性より男性の方がダイエットに成功しやすい理由として考えられるのは、その筋肉量です。
短期間に痩せたいと思う方には有酸素運動と無酸素運動を同時に取り入れる運動がおすすめです。
有酸素運動であればウォーキングやジョギング、エアロビクスなどがおすすめです。
有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果がアップします。

無酸素運動であれば、筋トレがおすすめです。
筋トレを行うと男性ホルモンが活発に働きます。
この男性ホルモンが、筋肉をつけ、引き締まった男性らしい体型に作り上げる働きをします。
筋肉量が増えると同時に基礎代謝も上がりますので、ダイエット効果が期待できるというわけです。

基礎代謝とは呼吸や生きるために最低限必要なエネルギーで、 何もしなくても寝ているだけで消費されるエネルギーです。
この基礎代謝が高いということは、消費カロリーが多いということですので、 ダイエット効果が期待得着るというわけです。
そして、基礎代謝で消費する場合、溜まった脂肪をエネルギーとしますので、脂肪を減少につながります。
こういったことから、ダイエットには筋肉が必要不可欠であり、 男性は女性に比べて筋肉を作り出す男性ホルモンが活発に働いていますので、 男性の方が女性より痩せやすい理由はここにあります。

有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行えるサーキットトレーニングもおすすめです。
有酸素運動を20分間続けることで脂肪の燃焼が始まりますが、無酸素運動である筋トレを交互に行うことでさらに脂肪の燃焼を早く始めることが可能になります。
30分間という短い時間の中で効率よく脂肪燃焼できるので、 忙しい人にとってもおすすめのエクササイズです。

ダイエットに運動が有効な理由

消費カロリーを増やすこと、基礎代謝を上げること、 筋肉量を増やすことで痩せやすい体を手に入れることが出来ます。
そのために必要なことは運動です。
運動をすることで、カロリーを消費し、体脂肪を減らすことが出来ます。
また、基礎代謝も上がることでエネルギーを消費しやすくなり、太りにくい状態をキープ出来ます。

筋肉をつけることでも基礎代謝が上がり、脂肪も効率よく燃やします。
筋トレを行ったあとは脂肪が燃焼しやすい状態ですので、そのあとに有酸素運動を行うことで、 効果的に脂肪を減らしながら、筋肉もきちんと付けることができます。
有酸素運動と呼ばれるものには、ジョギングや水泳、ウォーキング、エアロビクスなどがあります。
10分間連続して運動することで、体脂肪の燃焼が始まります。
ダイエット目的であれば運動を20分以上行うことがよいと言われていますので、 連続して20分の運動を行うのもよいですし、10分の運動を2セット行うのも、 同等の効果を得ることが出来ます。

筋トレと有酸素運動を並行して行うことで、リバウンドしない有効なダイエット法が成立するのです。

ベンチプレスで顔やせ

ベンチプレスとは、胸や腕の筋肉を鍛えることを目的として行いますが、 実は、顔痩せダイエット効果もあります。

ベンチプレスはバーベルの上げ下げといった動きをしますが、 その際行う呼吸が顔痩せ効果があるのです。
下ろす時に深く息を吸い、上げた時にゆっくりと息を吐きます。
ついつい力を入れ過ぎて、呼吸が止まり易くなりますが、意識して呼吸を行ってください。
首の前・アゴ下のたるみを引き締めることができます。
顔の筋肉は、首の方からつながっているので、 首やアゴの筋力を鍛えることでたるみが解消され小顔効果が得られるのです。

ベンチプレスは回数をこなせばいいという訳ではありません。
早く動かさずに、一つの動作ごとにゆっくりと呼吸をしながら行う方が筋肉に働きかけ効果が高まります。
顔やせ効果、たるみ解消、さらには二重アゴも解消し、スッキリとした印象になることで、 アンチエイジングにも繋がります。

有酸素運動と無酸素運動

運動は有酸素運動と無酸素運動に分類されます。
では、具体的に有酸素運動と無酸素運動ではどのような違いがあるのでしょう。

有酸素運動は、体内に酸素を取り込んで体脂肪を燃やす運動です。
筋肉に継続して比較的弱い力をかけ続け、 体内に蓄えられている脂肪を燃焼させエネルギー源として運動します。
酸素が燃焼の為の材料となりますので、しっかりと呼吸を行うことが重要です。
息が苦しくなってしまうほどの運動では、酸素不足となり有酸素運動とはなりません。
呼吸が軽くはずむ程度の運動を行うことで、体内により多くの酸素を取り込むことが出来ます。
20分以上継続する事で、体に蓄えられたエネルギーを使用する為、 脂肪燃焼を効率よく起こす事が出来ます。

代表的な有酸素運動は以下の通りです。
・ウォーキング
・ジョギング
・水泳
・水中ウォーキング
・エアロビクス
・エアロバイク
・サイクリング
では、無酸素運動とは何でしょう。

無酸素運動は短時間に集中して強い力が必要な運動の事で、 筋肉中に蓄えられたグリコーゲン(=糖質)というものをエネルギーとして使用します。
読んで字のごとく、酸素を必要としない運動ですので、疲労物質である乳酸が溜まり易く、 長く続ける事はできませんが、筋肉を強くする事ができますので、基礎代謝量アップ、 太りにくい体になります。

代表的な無酸素運動は以下の通りです。
・筋力トレーニング
・短距離走
・重量上げ
・相撲
・投擲
・腕立て伏せ

ダイエットで痩せる運動の方法とは

ダイエットを成功させるため、どれだけ摂取カロリーを抑えるかということばかりに 捕らわれている人が多いようです。
もちろん、食事制限での摂取カロリーを抑えることは大事ですが、無理をするとリバウンドにつながります。
ですから、無理しない程度に抑えつつ、運動することを同時に行うことで 消費カロリーを上げることができますので、さらに効率良くダイエットすることができます。

お勧めの運動は、脂肪燃焼効果の高い有酸素運動です。
体に負担をかけず手軽で無理なく続けられるウォーキングは特にお勧めです。
運動が苦手な方でも取り入れやすい運動ですよね。

筋肉量を増やし、摂取したカロリーを効率良く燃焼させるためには、続けて行うことが大切です。
頑張りすぎるのではなく、まずは出来る範囲で行っていくことが重要です。
体を動かす習慣のない人がいきなりランニングをするのはハードルが高すぎるかもしれません。
体への負担もかかりますし、ウォーキングであれば筋力に自信がない人でも無理なく行えますので、 習慣にすると良いでしょう。

シューズさえ準備すれば場所を選ばずいつでもどこでも始められるのです。
脂肪は15分以上行うことで燃焼され始めます。
慣れてくればペースを上げるとさらに脂肪燃焼効果がアップします。

ランニングの効果

ランニングは十分な呼吸をして酸素を取り入れながら行う有酸素運動であり、 手軽にできるダイエットの手段として人気があります。
シューズさえあれば、簡単に始められるスポーツですので、お勧めです。

脂肪をエネルギーに変え効率よく燃焼させる有酸素運動は、メタボ解消やダイエットに効果的です。
それだけではなく、有酸素運動は行う事で血行を改善させる効果があります。
多くの女性の悩みである冷え性や肩こり、腰痛など血行不良が原因で起こる 体の不調の改善にも繋がります。

同じく血行改善の副産物として、体だけでなく美容にも良い効果も期待出来ます。
新陳代謝が良くなりますので、ターンオーバーが正常になり老廃物の排出がスムーズになるのです。
そして、汗をかき、体がすっきりすることでストレスの解消やリラックス効果があります。
寝つきも良くなり、持久力もつき体力も上がりますので、普段の生活が快適になるでしょう。

短期間で痩せたいなら酵素ドリンクがおすすめ!

時間をかけて痩せる方法は沢山ありますが、短期間で痩せたいと思った場合のダイエット法は限られます。
今一番注目されている方法は、プチ断食、つまりファスティングダイエットが最も効果的です。
一度は耳にした事があるという方は多いかと思います。

断食と聞くと、修行っぽく聞こえ、辛いというイメージがあるのではないでしょうか。
ファスティングダイエットとは3日〜1週間、食事を摂れませんので、 誰でも体重落ちることは当然のことです。
しかし、ファスティングダイエット中、数日間何も口に入れず、 全く栄養が摂取できないというわけではありません。

水分が不足すると脱水症状を起こしたり、必要な栄養素が得られずフラフラしたり、 低血糖になったり、といった危険性がありますので全く何も口にしないのはおすすめできないのです。
こういった危険性を回避する為にもファスティングダイエット中、 酵素ドリンクで栄養を補給しながら行う「酵素ファスティング」がおすすめです。
ただ痩せるのではなく、健康かつ綺麗に短期間で痩せることができるダイエット方法です。

酵素ドリンクは、さまざまな野菜や果物の栄養素をバランス良く抽出し発酵させたドリンクです。
酵素ドリンクで必要な栄養素を補いつつ、酵素が持つ新陳代謝を促す効果で体に負担をかけずに 健康的で綺麗に痩せるダイエットができるのです。

酵素ドリンクでのプチ断食のやり方の基本は、 1日1食または短期間での減量を希望する場合は1日3食を、酵素ドリンクに置き換えるだけです。
ただ、商品によってやり方が多少違う場合がありますので、 ファスティング開始前にきちんと確認するようにしましょう。
酵素で断食することでデトックス効果が得られますので、美容効果も高いというメリットもあります。

確実に摂取カロリーもカットできますので、ダイエット効果は期待できます。
また消化酵素の消費が増え、代謝が上がります。
代謝が上がると脂肪燃焼効果も高まりますので、痩せやすい体にかわります。
女性に嬉しいダイエット方法というわけです。
こういった理由から、モデルや芸能人も酵素ドリンクを愛飲している方が多いのです。

短期ダイエットで結果を出す方法

ダイエットをしようと思っても、挫折をしてなかなか長続きしない人には是非お勧めしたいダイエット方法が、塩抜きダイエットです。
塩分を抜いた食事をたった3日間摂るだけで、短期間で痩せやすい体になります。
普段摂りすぎている塩分をカットすることで、体内の水分の滞留をなくします。
これにより浮腫みをなくし、体型をスッキリさせるダイエット方法です。

もともと、日本人は塩分を過剰摂取していると言われ、塩分過多により、 病気を引き起こすリスクが問題になっています。
よって塩抜きダイエットは痩身効果だけではなく健康よいということで、注目されているのです。

1日に塩分の必要摂取量は1.5〜3グラムと言われていますので、 3日間だけ、食事の塩分は3グラム以下まで減らすようにしてください。
塩だけではなく、醤油やマヨネーズなどの調味料やスポーツ飲料など 塩分が含まれているものもありますので、気をつけてください。
塩分の多い料理は、ついつい食事の量が増えたり、甘いものが欲しくなったりしますが、 塩分が減ると、浮腫みが解消され食欲も抑えられます。
どうしても物足りなさを感じる方には、カリウムの多く含まれる食品を多くとることをおすすめします。
カリウムには、体内の余分な塩分を排出する働きがあり、過剰摂取による健康被害もありません。
ほうれん草やブロッコリーなど多くの食品に含まれていますので、3日のメニューに追加すると良いでしょう。

短期間で痩せるには生活改善から

短期間で痩せたいという理由で激しい運動を行ったり過酷な食事制限を行って、 挫折したという話をよく耳にします。
このような無理なダイエットはリバウンドの原因もなりかねません。
リバウンドを繰り返すと、痩せにくい体になってしまいます。
ですから最初から頑張りすぎは禁物、まずは生活習慣を見直してみる事から始めてみましょう。

ダイエット中の食事はカロリーを抑えたいと思い、食事を抜く方もいらっしゃいますが、 朝昼晩3食は必ず摂るようにしましょう。
とくに朝食は必ず取ってください。
朝食を摂る事で1日の始まりを体全体に伝え、 内臓機能を活発に目覚めさせ代謝を上げる効果があります。

また、午前中にストレッチや朝のお散歩、仕事の方は通勤時に歩く工夫をするなどの 軽い運動を取り入れることで脂肪燃焼効果を上げることもできます。
日中、デスクワークや自宅でテレビの前に座っている時の姿勢を意識したことはありますか?
同じ姿勢ばかりで過ごすことは、体には良くないと思われがちですが、実は正しい姿勢をキープするだけで意外と筋肉を使いますので基礎代謝を高めることができるのです。
正しい姿勢とは、お腹にグッと力を入れて腹筋を使い、胸を張って背筋を伸ばします。
座っているとき、歩くとき、階段の上り下りのときなど、 意識することで効果があらわれますので習慣づけると良いでしょう。

一日の終わりの入浴ですが、シャワーだけて終わらせず、お風呂にしっかりつかってください。
ゆっくりとお風呂につかることはダイエットに有効な温熱効果を得ることができ、 体脂肪の燃焼効果、血行を促進効果、さらには消費エネルギーアップにもなるのです。

日々の生活の中にもポイントを抑えるだけでカロリーを消費させることができます。
わざわざ頑張りすぎなくてもダイエットはできるのです。
もう1度自分の生活習慣を見直して、規則正しい生活と痩せた体を手に入れましょう。

お金をかけないダイエット!短期間でできる方法とは

ダイエットは、お金をかけてスポーツジムに通う、エステに通う、 サプリメントを利用するというような方法だけと思っていませんか?
わざわざお金をかけなくてもダイエットはできます。
近所を散歩したり、家で筋トレをしたり、時間さえあれば痩せる方法はいくらでもあるのです。

家事をしながらストレッチを取り入れる、お買いものの時は早歩きをするなど、 工夫しながら毎日の生活の中で基礎代謝をあげていきましょう。
何かをしながらの「ながら運動」は効率的ですのでおすすめです。
日ごろの姿勢や、普段何気なく行っている動作も、筋肉を使うよう意識するだけで、 短期間でのダイエット成功につながるでしょう。

さらに、毎日の食事に気を使うと効果が上がります。
急激な食事制限は体への負担が大きく、かえって体調を崩す危険性もありますし、 我慢しすぎることでストレスを感じ、リバウンドをおこす可能性もあります。
食事の量を減らすよりもカロリーを抑えることを心がけることが重要です。
咀嚼回数を増やすと、満腹感を得やすくなりますので、 早食いしないよう良く噛んで食事するよう心がけてください。
ダイエットにはお金は必要ありません。
必要なのは、本人のやる気です。

簡単ダイエット&リラックス法

お家で手軽にできるリラックス方法で、日々の疲れを吹き飛ばしましょう。

「ストレッチ」
全身の力を抜いて行うストレッチは、心身ともにリラックスし心地よい気分になります。

・力を抜くには呼吸が大事、呼吸は止めずに、ストレッチ中もゆっくり深呼吸を行うことで、 緊張がほぐれます。
・10〜30秒間、ポーズをキープする
・無理はしない。痛きもちいい程度の力加減で行う。
・いま、どこに効いているか、どの部分が伸びているかを意識する

「腹式呼吸」
体の血行が良くなり新陳代謝がアップ、ダイエット効果が期待できます。

また、緊張した体が緩むことで、リラックス効果も期待できます。
・背筋を伸ばした状態で6秒かけて鼻から息を吸い、お腹を膨らませます。
・今度は12秒かけてゆっくり細く長く口から息を吐き出し、お腹をへこませます。
・これを一日10回程度繰り返すだけです。

「ハーブティー」
リラックス、リフレッシュ効果、デトックス効果、胃腸改善効果があります。
また、不安やイライラを落ち着かせ、心の疲れや体の緊張を解消してくれる効果もあります。

・ラベンダー...精神的ストレスを和らげ、緊張をほぐして安眠効果が期待できます。
・ジャスミン...抗うつ作用があり、イライラした神経を鎮めて、心を落ち着かせてくれます。
・カモミール...不眠症改善、リラックス、疲労回復効果があります。
日々の疲れを取り、リラックスすることで、ダイエットにも繋がります。
自分にあったリラックス法を見つけてみましょう。

ダイエット効果もある美容鍼灸とは

鍼灸とは、0.17o〜0.33oと髪の毛ほどの細い鍼(はり)やもぐさを用いた灸(きゅう)で、 体の様々な部分にあるツボに刺激を加え、肩こりや腰痛、神経痛、関節炎、生理痛、 更年期障害など幅広い辛い症状を緩和する療法です。
近年では、健康面だけでなく美容面にも効果があるということで注目されています。

顔、体形、肌など外見を美しく見せることを目的としたもので、美容鍼灸と呼ばれるようになりました。
顔のツボに鍼を刺すことで、筋肉がほぐれ、たるみを解消し、リフトアップや小顔効果に繋がります。
また、身体のツボに鍼を刺すことで、血行促進や女性のホルモン調整、 自律神経バランスを整え、健康的な美しさを引き出す手助けをします。
外見はもちろん、内側からも美容効果が高い施術です。

さらには、耳には食欲をコントロールするツボ、水分の排出を促すツボなどがあります。 そのツボを刺激することで、ダイエット効果も期待できます。
細いといっても鍼を指すのですから痛みが気になるところですが、チクっとする程度です。
たいした痛みを伴わず、この効果を実感できるのですから、 美容鍼灸が人気な理由もわかりますね。

リンパマッサージでダイエット

私たちのからだには血液を送るための血管の他に、リンパというものが全身をはりめぐらされています。
細胞から排出された老廃物を運んだり、細菌やウイルスから体を守る働きを行うため、 リンパの流れが滞ってしまうと、免疫機能が低下して場合は、体に悪影響を及ぼしてしまいます。
老廃物の排出は、肌への影響やむくみなどにも影響が出てくるため、健康だけでなく、 美容面にも影響を与えてしまいます。
つまり、リンパの流れを改善すると美容や体の不調を改善させる効果があるのです。

リンパマッサージは、入浴中または入浴後の血行が良い状態で行うと効果的です。
リンパの流れを良くするには流れに沿ってなでるようにマッサージし、 体の各部にあるリンパ節と呼ばれるろ過作用がある部分へ向かって流すことが大切です。
例えば顔の場合は、基本的な目安として顔の中心からこめかみや耳たぶ、 そして鎖骨にあるリンパ節にむかって、なでるようにマッサージし、 最後に鎖骨を軽く抑えると老廃物や余分な水分を排出することができます。
これによってむくみや二重あごが改善され、小顔効果を得ることができるのです。

顔には、鎖骨にリンパ節があるように、手にはわきの下や肘、脚には太ももの付け根や、 膝の後ろにあります。
手軽に行えるリンパマッサージを毎日行うことで、美しく健康なからだを手に入れることができます。

小顔マッサージ

顔は浮腫みやすい部分でもあります。
浮腫みを解消するだけで顔の大きさは違ってきますので、 小顔に憧れている人は是非フェイスマッサージを行ってみてください。

フェイスマッサージを行う場合、まずは額から行っていきます。
人差し指か、中指、薬指の三本で、指の腹を使い額の中央を強めに押してください。
これをこめかみに向かって少しずつ広げながら、一定のリズムで押して行きます。
こめかみまで到達したら、5秒間を3、4回弱めに押します。

そして、次に中指と薬指の二本を使って、口元のマッサージです。
あご→口角→鼻の下→口角→あご、といった流れで強めの指圧していきます。
これも3、4回は行いましょう。

次に、小鼻の周辺をマッサージします。
小鼻の横を、溝に沿って中指の腹で15〜17往復ゆっくりとなでます。
その後、顎の下から耳の下までのラインを、人差し指〜薬指で挟む様にして、 引き上げる作業を3、4回行います。

このあと目に移りますが、目の周囲はデリケートな部分ですので、 力を入れ過ぎないように気をつけてください。
まずは、中指の腹を使って目尻をスタートに周囲を優しく撫でる事から始めます。
次に、中指と薬指の腹で眉間を押さえ、こめかみへ向かって滑らせます。
こめかみを5秒ほど軽く押さえた後、耳の下まで指を滑らせ、 その後フェイスラインに沿って耳下腺まで指を滑らせます。
目の周囲から始まる流れを3、4回繰り返し行います。

最後に、頬のマッサージを行います。
人差し指〜薬指の三本を使用し、目の下→こめかみ→頬の外側を通り→あご先、 と両指で逆三角形を描くように滑らせます。
その後、あごから頬骨に向かって肉を持ち上げる様にして指を滑らせます。
この二つの動作を3、4回行います。

仕上げに、頬骨からこめかみ方面に向かい頬をリフトアップする感覚で指を滑らせます。
これも3、4回は繰り返して行いましょう。
これが小顔効果のあるフェイスマッサージの流れです。

マッサージクリームやオイルを使って、滑りを良くしてから行うとやり易いです。
このマッサージを行うと、顔全体が暖かくなり、血行が良くなったことを実感できます。
血行促進により、老廃物が排出され浮腫み解消、小顔効果が期待出来るのです。

自宅でできる簡単ダイエット方法

誰でも簡単にできるストレッチは、手軽なダイエット方法の一つです。
筋肉を柔軟にすることで、血行が促進され、新陳代謝が上がり、 脂肪の燃焼しやすい身体を作ってくれます。

また、ストレッチにひねりを加える事で脂肪を分解し、 ウエストのくびれや部分痩せなどが期待できます。
ストレッチは有酸素運動とは違い極端に心拍数が上がるわけではありませんが、 甘く見てはいけません、無理をすると体を痛める可能性があります。
動きの途中に、呼吸を忘れがちですが、呼吸を意識して筋肉を伸ばすように行ってください。
痛みを感じる様なら頑張り過ぎている証拠、力を抜きましょう。
ベストな力加減は痛気持ちいい程度です。

また、腹筋はお腹を引き締める効果があります。
道具なしで、場所さえあればすぐに始める事が出来ますので、お腹周りが気になっているかたは、 気がついた時に腹筋を行ってみてください。
両膝を立てて仰向けに寝て、両手を頭の後ろに添えて自分のおへそを見る感じで、 ゆっくりと上半身を持ち上げキープ、そしてゆっくり元の体性に戻りましょう。
首だけ持ち上げるのは、全く腹筋に効果はなく、背中を丸めて行う事を意識してください。
呼吸法が大事で、呼吸に意識して丸める時には息を吐き、下ろしたときに吸うように心がけます。
まずは無理をせず、出来るだけの回数でもかまいません。
回数は少なくても、毎日継続する事が大事で、効果を実感する事が出来るでしょう。

短時間でも運動が面倒、という方にはながら運動を行ってみてはいかがでしょうか。
ながら運動とは、わざわざ運動をするのではなく、何かをしながら運動量を高めることです。
家事を行っている時、意外とながら運動ができるものです。
料理の時、つま先立ちで行う、掃除機をかける時、スクワットの様な動きを取り入れるなど、 筋肉を意識しながら行うことで、日々のカロリーを消費する事が出来ます。

二の腕痩せの方法

世の中様々なダイエット方法がありますが、単に体重を減らすよりも 部分痩せの方が難しいと言われています。
特に多くの女性が細くしたい部分である二の腕は、体の中で特に細くするが難しいパーツです。
「ふりそで」とも言われる二の腕、薄着の季節になると気になっている人にとっては悩みの種でしょう。

食事制限をしても、二の腕にはあまり効果はありません。
エクササイズを行う事で引き締まった二の腕にすることが出来ます。
特別な道具は必要なく、やり方さえ覚えれば部分痩せが期待できます。

二の腕の筋肉には上腕二頭筋と上腕三頭筋の2種類があり、この中でも脂肪が目立つ下側の三頭筋を 重点的に鍛えることで引き締まった二の腕を手にすることができます。
方法は、机を使った『机押さえ』の運動です。
椅子に腰掛けた状態で脇を締めて、手のひらを上にした状態で机に置き、 押し下げるように力を込めて離す、といった動作を繰り返します。
デスクワーク中にも簡単に出来るエクササイズです。

また、うつぶせに寝てから腕で上半身を起こし 海老反りに起きようとする様な体勢を繰り返す事も効果的です。
いずれも、『押す』事により三頭筋を効果的に鍛えることができるエクササイズです。
お金もかかりませんし、手軽に行うことができますので、毎日継続して行ってみてください。
上腕三頭筋は『押す』事により筋肉に負荷がかかり鍛えることができますので、 意識して動かすようにしましょう。

無料でできる簡単ダイエット

ダイエットのためにジムに通ったり、エステに行ったり、流行のサプリや健康食品を取り入れてみたり…と、さまざまなダイエットに励んでいる方は多いでしょう。
お金をかければ痩せられると思っている人も多いかもしれませんが、 お金をかけなくともダイエットは出来ます。

方法は色々ありますが、最近多くの人が実践しているレコーディングダイエットはおすすめです。
これは日々の摂取した食べ物をただ記録していくだけ、という手軽なダイエット法。
同時に食べたもののカロリーも記録することで、日頃食べているものがどれ位のカロリーがあるものなのか、 一日にどれだけのカロリーを摂取しているのかという事が把握できるようになってきて、 外食や買い物の際にも低カロリーのものを選べるというものです。
普段何気なく食べている物でも、カロリーを知ることでなんとなく食べにくくなったり、 量を減らそうと思ったり、精神的な部分での戒めにもなるでしょう。

また、効率的に脂肪を燃焼させる有酸素運動もおすすめです。
特にウォーキングは運動が苦手な方でも、手軽に始められるダイエットですね。
シューズさえあれば、直ぐにでも始められますし、自分のペースで行うことができますし、 過度な食事制限の様なストレスも溜まらず、寧ろストレス解消効果もあるでしょう。

そして、自宅でも簡単にできるダイエット法としておすすめなのが耳つぼダイエット。
耳にはツボがたくさんあり、中でも上肺と下肺、というツボが、血行促進と脂肪燃焼が期待できます。
血行促進で、基礎代謝アップ、脂肪燃焼で無駄な皮下脂肪を除去、 ダイエット中には是非知っておきたいツボですね。
ツボの位置さえ把握できれば、あとは押して刺激を与えるだけ。
手軽でお金もかからないこれらのダイエット法は試してみる価値はありますね。

簡単安全ダイエット

さまざまなダイエット方法がありますが、中には、体調を崩すような、 健康を害する方法もありますので注意が必要です。
自分が行おうとしているダイエットが、本当に安全なものなのかと考える必要があります。
そこで、安全でかつ簡単なダイエット方法をいくつか紹介します。

一番手軽な方法は、食事の量を腹八分目にすることです。
食べ過ぎでカロリー過多になってしまいます。
栄養バランスが偏らないように一汁三菜を3食腹八分目に心がけることで、 少しずつですが効果が現われることでしょう。
良く噛んで食べることで、少量でも満足感を得ることができますので、 ゆっくり最低30回は噛むようにしましょう。

ダイエットは摂取カロリーを抑えることも大事ですが、消費カロリーを上げることも大切です。
運動が苦手な人にもお勧めなのが、ストレッチ運動です。
朝起きてすぐやお風呂上がりなどにゆっくりと筋肉をほぐすことによって、ストレス解消や便秘解消に効果があるだけでなく、 基礎代謝があがることで痩せやすいからだづくりができますよ。

また、効率よくダイエットを行う為には、ストレスを溜めない事が重要です。
短期間で痩せようと思って、無理な食事制限や過酷すぎる運動は、 リバウンドや精神的なリスクを招いてしまう可能性があります。
すぐに結果が出ない時だってあります。
柔軟な気持ちでストレスを溜めない程度のダイエットが長続きするこつなのかもしれません。

カロリーオフとゼロカロリーの違い

近年、食べ物や飲み物の表示で目にする、カロリーオフとゼロカロリー。
特にダイエット中はこの表示があると、ついつい手にしますよね。
どちらもカロリーが少ない、もしくはカロリーがないといった意味合いでしょうが、 具体的にどのように使いわけているのでしょうか。

まず、カロリーゼロは、ノンカロリー、ゼロカロリーなどとも表示されることがあります。
ゼロというだけあって、カロリーが全くないと思われがちですが、 実は100グラムあたり5キロカロリー未満の食品のことをいいます。
決してゼロではないとういうことです。

カロリーオフはローカロリー、低カロリー、カロリーひかえめなどとも表示されることがあります。
カロリーを抑えているという意味で、100グラムあたり20キロカロリー未満の食品のことをいいます。

500mlのペットボトルの場合、カロリーゼロと表示されているものに関しては、 25キロカロリー未満ということになります。
カロリーオフの場合は100キロカロリー未満ということになります。
カロリーゼロでもカロリーオフでも、カロリーはあるので多く飲めばその分摂取カロリーは増える ということを頭に入れておく必要があります。

お酒のカロリー

太る原因の多くは食生活が原因です。
食べる量はもちろん、食べる時間や食べるものによっても太る原因となります。
摂取カロリーよりも消費カロリーが少ないと、体脂肪として体の中に蓄積されます。
ですから、カロリーを知ることはダイエットへの近道となるのです。

見逃しがちなアルコール類、このカロリーも意外と高いものです。
ビールの場合は1リットルあたり約500キロカロリーで、 焼酎に至っては1400キロカロリーも含まれています。
アルコール類は嗜好品ですので、飲酒を控えるだけで摂取カロリーを抑えることができますので 短期で痩せることが可能です。
また、生活習慣病の原因となる内蔵脂肪も減らすことが出来るのでオススメです。

お酒の適量は守っているのに太ってしまうという方は、 お酒と一緒に食べるつまみに原因があるのかもしれません。
高カロリーのつまみばかり食べたり、夜中に食べることによって太ってしまう場合もあります。
お酒がすすむにつれ、つまみの量も増えて、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。

お酒の量を減らしたり、カロリーオフのお酒などを意識して購入するなど、 お酒による摂取カロリーを減らすことを意識することが大切です。

発酵食品の効果

発酵食品とは、食材に発生したカビや微生物の働きを利用した食品のことです。
有名なものでは乳酸菌を使ったチーズやヨーグルト、納豆菌を使った納豆、 麹菌や酵母菌を使った醤油や味噌などたくさんの種類があります。

発酵食品は私たちの体にとって良い効果をもたらしますが、 特に最近注目を集めているのが、免疫機能アップとアンチエイジング効果です。
発酵食品に多く含まれている善玉菌により、腸内環境が整い、免疫力がアップします。

また、発酵という段階を踏む事で、食物に含まれる抗酸化作用が高まります。
抗酸化作用のある物質を含む食品でも、 そのままの状態で食しても十分な働きをおこなうことができません。
しかし、発酵するとその時に酵素が働くことにより、効率よくその作用を発揮することが出来るのです。

また、米や乳酸菌の発酵エキスにはメラニン色素を抑制したり、 色素沈着を引き起こす原因であるチロシナーゼという酵素の働きを阻害したりする作用があるため、 美白効果が期待できます。
他にも発酵食品には保水力が高く、保湿効果が謳われています。
酵素を摂取する事による体に溜まっている毒素の排出、つまりデトックスの効果も嬉しいところです。

断食ダイエットのデトックス効果

近年、数日間食事を取らずに生活するプチ断食ダイエットが人気を集めています。
多くの芸能人も行っているということで、話題になったダイエット法の一つです。
さまざまなダイエット法があり、その中には体に悪影響を及ぼす方法もありますが、 このプチ断食はお医者さんもすすめるほど素晴らしい健康法だと言われています。

断食にはダイエット効果以外にも、体に溜まった老廃物を排出させるデトックス効果があります。
断食は体に栄養が入ってない事で脂肪が体に必要なエネルギーとして燃焼される為、 ダイエット効果が期待できます。

また、体の中を空っぽにすることで、体内に蓄積された老廃物を排出、体がリセットされます。
さらに、腸内の酵素が増やされ、宿便が排出されたり、便秘改善効果も期待できます。
現代は飽食の時代であり、多くの人が栄養過多の状態にあります。
胃腸は常にフル回転、休む暇なく酷使させられています。
そこで断食をすることにより胃腸を休ませ、新陳代謝や基礎代謝が高まり、 太りにくい痩せやすい体質を手に入れることができます。

しかしやり過ぎるとかえって体に悪影響を及ぼしますので、一定期間の断食を終えたら、 まずはおかゆから始め、徐々に通常の食事に戻すようにしましょう。

バストアップの方法

ダイエットしたことによってバストが小さくなってしまった経験がある方も多いでしょう。
バストは脂肪の塊ですので、ダイエットすることによって痩せやすい部分でもあるのです。
多くの女性は、痩せたいけど、バストのボリュームは欲しいと思っている方が多いのではないでしょうか。

下着や食事、サプリなどを利用してバストアップを目指す方法もありますが、 誰にでも手軽にできて、効果を得やすい方法がマッサージではないでしょうか。
マッサージすることによって、血行が促進されバストに必要な栄養や血液、 ホルモンを乳腺にスムーズに運ばれやすくします。

バストマッサージは外側から内側へ、下から上に持ち上げるようなイメージで 円を描くようにやさしく行ってください。
また、わき腹から背中のお肉をバストの方へ集めるようにマッサージを行ってみてください。
入浴中や入浴後に10分から15分程度、時間をじっくりかけて行うことで効果を得やすいと いいます。
注意点は、力を入れ過ぎず、優しくマッサージすることです。
滑りを良くするためにお気に入りの香りのオイルやバストアップ用のクリームを使用すると良いでしょう。

日頃の姿勢を見直すことでもバストアップに繋がります。
バストに悪影響を及ぼす姿勢は、猫背です。
胸を適度に張ってバストトップとおへそが三角形をつくるような体制を意識づけると、 胸の筋肉が持ち上がって、バストアップに有効です。

体重1kg減らすには

体重を減らす為には、体についている余分な脂肪を落とさなければならないので、 体脂肪とカロリーの関係を理解する必要があります。
体重が減ったとしても、筋肉が落ちたのでは健康によくありませんので 体脂肪のみを減らすことに重点を置きましょう。

体重のうち、体脂肪を1kg減らすのに、なんと7000kcalも消費させなければなりません。
カロリーは摂取するよりも、消費する方が圧倒的に大変、太るより痩せる方が難しいのです。
フルマラソン3回分が7000 kcal、そんな大変な思いをしても1kgしか消費せれません。
運動だけで痩せようと思っても、非常に難しいと言えます。

実現的に考えれば、運動と同時に食事制限が必要となります。
食事と運動の両方からダイエットに取り組めば1週間で1kg痩せることも可能です。
しかし、間違った方法を試すとリバウンドをしたり体調を崩す危険がありますから、 正しい知識の元、行うようにしてください。

新陳代謝アップの方法

新陳代謝とは、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる活動サイクルのことを指します。
具体的には、発汗、血流の改善、髪の毛の生え換わり、肌のターンオーバー、などが挙がります。

新陳代謝が正常に行われていると、約六兆個もある全身の細胞はおよそ3ヶ月で全て生まれ変わります。
若いほど新陳代謝のサイクルは早く、年をとるにつれて遅くなります。
赤ちゃんの肌がすべすべなのは、細胞の活動が活発だからです。
正常なサイクルで細胞が生成されていれば、老廃物は体外に排出されやすく、 新鮮な体が維持できるわけです。

しかし逆に新陳代謝が正常に行われなくなると、肌のターンオーバーに時間がかかる、 汗をかきにくい、浮腫みや便秘など老廃物が排出されにくい、他に血行不良で体が冷えるなど、 体にさまざまな反応が出始めます。
その結果、肌のハリはなく、痩せにくい体になります。

新陳代謝を高めるためには、血行を良くすることが大切で、有酸素運動が有効と言われています。
手軽に行えるウォーキングはおすすめです。
毎日継続することが重要ですので、まずは無理しない範囲で行うと良いでしょう。

姉妹サイトはこちら

ししゃも足改善ダイエット【ふくらはぎを細くする方法】
脂肪吸引なみの効果がある【太ももを細くする方法】
【家庭用キャビテーション】自宅でエステなみの痩身効果